2018年06月18日

多事な日やな

 地震で凹んでたアテクシに二次攻撃キタコレ(´・ω・)




 4月に「一つ残るあのチームにも何らかの動きがあるのか無いのか(・ω・)」って書いたけども……ソチ五輪以降、チームの存在感は明らかに低下気味やし、打開のために何らかの動きが必要と思われる中、スキップがチームを去るという、一番解り易い形で出たのぅ。


 ……あ、さてはこれ、デリングが新しいチームを作る前フリか!(錯乱
 でも相方はフォルティウスに残るからなぁ……いよいよ独り立ちするんやろか(惑乱



 ついでと言っては何やけど、報道通りの展開になりましたな。




 どんな競技でも「トップクラスの選手の移籍」ってのは(0゚・∀・) ワクワクテカテカしますな。
posted by safety_badwork at 20:40| Comment(0) | カーリング | 更新情報をチェックする

凹むわ(´・ω・)




 朝5時半に起きて録画したW杯のドイツ対メキシコを再生するも、その途中、ネットで結果を見てしまうというマヌケなことをやらかして凹むアテクシ。

 その後、MLBの試合を途中から見て……

続きを読む
posted by safety_badwork at 20:08| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

ホンマかいな

 前のエントリで、女子チームを創設した際に「サプライズ移籍があったりするんやろか」って書いたけど、それ以前に男子の方でサプライズな移籍がありそう?




 実現した場合、戦力バランスにそれなりの変化があるんやろか。
 更に、喋りの達者な平田君も新チーム結成か……確かにリザーブばっかしってのも、何だかんだツマランやろからなぁ(てきとう
 

 まあそれはそれとして、女子チームはよ
posted by safety_badwork at 23:12| Comment(0) | カーリング | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

女子チームも作るんか




 この動きが、軽井沢という男子カーリング界の高く厚い壁を崩す第一歩になるかどうかは知らん。関心も余り無い。

 しかし、NHKのニュースにある「クラブでは将来的には女子チームの立ち上げも検討しているということです」という一文は気になるな。サプライズ移籍があったりするんやろか。
 更に言えば、今は第一線から退いてる選手達の現役復帰が……あれば良いな ┐(´ー`)┌






 トリノ五輪でチーム青森に魅了されカーリングファンになった人間なら、結構高い確率でこの曲のCDを持ってるはず(`・ω・´)
 ホンマにエエ歌やもんな……出たのは12年も前やけど、全然色褪せてへんわ。
posted by safety_badwork at 22:59| Comment(0) | カーリング | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

出来る限り無理せず回復を

 いつものように録画したLAAの試合を見ようと再生したら、真っ先にアナウンサーが「残念なお知らせ」と……何や、大谷が先発メンバーから外れたんか、それにしては大袈裟やなと思ったら。




 俺の数少ない楽しみが、暫くとはいえ一つ減った(´・ω・)
 
 ちょっと…いや、相当心配やな。LAAにとって大谷は戦力面でも興行面でも長期に亘って貴重な存在になるやろから、ここで無理をさせて事態を悪化させることはないやろけど……どうせならこれを理由に暫くは打者に専念するよう、大谷を説得してもエエんとちゃうか。二刀流は来季に再び挑戦するって感じでもエエくらいやわ。

 何はともあれ、じっくり治してほしいわ。



 ……LAAの試合を重点的に放送してきたNHKにとって、話題性抜群の大谷の離脱は結構な悲報なんやろなぁ。ただ、間も無くサッカーのW杯が始まるから、心置きなくLAAの試合の放送を削れるかもしれんけど。

 でもまあサッカー日本代表の試合を見ても、大谷のようなワクワク感は皆無やろなw
ラベル:MLB
posted by safety_badwork at 22:35| Comment(0) | 野球 | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

まあ順当か




 中継を見られなんだから、遠い世界の出来事のように感じる ┐(´ー`)┌

 ということで「糞フジテレビなんかに放映権を取らせた協会のアホさ加減が本当に腹立たしい」という印象しか残らない大会でした(ヤケクソー
posted by safety_badwork at 11:43| Comment(0) | カーリング | 更新情報をチェックする

先月に続いて

 今月も名馬が逝ってしまった(´・ω・`)




 先月はスペシャルウィーク、今月はテイエムオペラオー……現役時代を知ってるスターホースが減っていく。

 ……こういうスターホースが死んだらニュースになるけど、アテクシの好きなナイスネイチャの時は報道されるやろか。
 もう結構な高齢なんで気になる……できる限り長生きしてもらいたいわ(´・ω・`)
posted by safety_badwork at 09:53| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

素で間違えてたんか?

 俺はアメフトにあんまり興味無いんで騒動の本質についてはどうでもエエんやけど、この言い間違いには結構ビックリしたわw




 ツイッター見たら、意外に関西学院大学の読み方を知らん人おるな……でもまあ近畿地方に縁の無い一般人は知らんかってもしゃあないかもしれん。俺かて地方の大学名で読み方が解らんことあるし。
 でも、このオッサンの立場で読み方を知らんのは、恥以外の何物でもないやろ……こういうのを「恥の上塗り」って言うんやろなぁと思いました(小並感

 ……まさかわざと言い間違えてたってことは無いよな?(・ω・)
posted by safety_badwork at 23:05| Comment(0) | その他スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

無念なのかね

 毎日新聞には、発言や文章を見ると高い確率でイライラさせられるヒゲが二人いましてね……その片方が亡くなったそうで(ちなみにもう片方はこの人) 




 若い頃はよく「サンデーモーニング」を見てたけど、ネットに触れ始めてから、いつの間にか見なくなってたな……明確な理由は憶えてないけど、たぶんこの人を含む出演者の言動にイライラして見なくなったと推測。
 そして近年も事ある毎にこの人が反自民&反安倍の急先鋒になってるのをネットを通じて知ってきたので、常にイライラさせられる存在ではあったな。



 この種の人達にとって、憎き安倍内閣が選挙を何度も勝ち抜き、多少のことでは倒れそうもないこの現状は鬱憤が溜まりまくって地獄に等しいと思うんで、そこから脱して安倍政権の存在しないお花畑へ逝けたと思えば、少しは悲しみも和らぐんとちゃいますかね。

 まあ、こんな状況を招いた一因に、この人を含むマスゴミが反自民に凝り固まりすぎて野党を散々甘やかしてきたことがあるんやけど、あの人達は未だに同じようなことやってるからな……愚か過ぎる。
ラベル:マスゴミ
posted by safety_badwork at 07:58| Comment(0) | 政治 | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

春から冬に

 昨年末にKATOの四季島を買うか迷ったけども理性を働かせて何とかスルー、2018年春にTOMIXのが出てから改めて迷おう……っていう考えを修正すべきかどうか迷うことになったw




 四季島にそれほど思い入れは無いんで待てるといえば待てるけど、逆に、そこまで待つことなく、KATOの安い中古があったらそれで済ませられる程度の関心とも言えるわけで……さて、どうしよう。

続きを読む
ラベル:Nゲージ
posted by safety_badwork at 14:33| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする
ラベルリスト
DD51 DE10 EF200 EF210 EF510 EF64 EF65 EF66 EF81 HD300 Nゲージ あすか おわら お月様 きたぐに くろしお こうのとり しなの しらさぎ ちょっと古い物 ちょっと珍しい車両 のと鉄道 はくたか はまかぜ はるか ひだ まほろば イチロー イ・スンヨプ カーリング観戦 サロンカーなにわ サンダーバード サンライズエクスプレス スーパーはくと スーパーレールカーゴ ソチ五輪 タンゴエクスプローラー チーム青森 トリノ五輪 トワイライトエクスプレス バンクーバー五輪 フォルティウス マスゴミ ミニチュア風画像 ラバー・ダック ロコ・ソラーレ 七尾線 万葉線 中津高架橋下 中部電力 京都市営地下鉄 京阪電車 写真 北方貨物線 北越 北近畿 北陸本線 北陸鉄道 千里川土手 南海電車 吹田機関区 和歌山線 和歌山電鐵 城東貨物線 城端線 大阪モノレール 大阪国際女子マラソン 大阪市営地下鉄 大阪環状線 大阪臨港線 大阪貨物ターミナル駅 奈良線 安治川口駅 宮原操車場 富士急 尼崎港線 山陽本線 嵐電 平昌五輪 廃線跡 新幹線公園 新幹線0系 日の丸・君が代 日本海 東海道本線 梅田貨物駅 歴史 民主党 氷見線 海保の船艇 湖西線 特定アジア  甲子園臨 甲種輸送 石川の風景 福知山線 紀勢本線 近鉄電車 鉄人28号 鉄道 関西本線 阪和線 阪堺電車 阪急電車 阪神電車 雷鳥 EH10-61 MLB NPB WBC 
トップページに戻る