2006年10月09日

核実験で北朝鮮オワタ\(^o^)/

 …と、単純な話でもないですね。
 

 クリントン政権の時にもアメリカと北朝鮮は核問題で緊張状態になりましたが、そん時に空爆してりゃ、ここまでこじれなかったかも…と、今更言っても仕方ないし、もっと悪くなってたかもしれないし(ぉぃ

 それにしても、中国・ロシアのメンツ丸潰れですね。強硬論の日米に「まあまあ、何とか説得するから」とか言ってたのに、将軍様に核実験を強行されちゃって…。
 韓国も太陽政策で北朝鮮を甘やかしてきたけど、その挙句がこれやもんな。ここにきて、やっと北朝鮮に対して強い態度で臨むようなこと言ってたけど、遅いっちゅうねん( ̄へ ̄♯)

 この先、どういう展開になるんですかね。将軍様も、経済封鎖にお得意様の中韓が参加して援助が得られなくなったら、国が立ち行かなくなることくらい解ってるだろうし、アメリカは二国間協議には乗らないって言ってるし、もう一回(数回?)核実験をやったところで状況が良くなるとも思えないし…って言うか更に悪くなる可能性のほうが高いか。
 
 将軍様は、インドやパキスタンが核を持ってもアメリカとの関係が破綻しなかったことを念頭に置いてるのでは、という意見がありましたが、インドは一応アメリカと同じ民主主義国家(しかも大国)やし、パキスタンはアフガン戦争でアメリカに協力して恩を売ってるし、両国に対しては遠慮する事情が有るけど、北朝鮮に対しては…そういう遠慮って無いよなぁ。単なる「ならず者国家」でしかないわけで。

 でも逆に見れば、アメリカは北朝鮮に対して戦争を起こす気も無いんやろなぁ。戦争して金王朝を滅ぼしても、アメリカの利益になるわけでもないし。むしろ中国やロシアを刺激するだけ。

 最良なのは、米中両国の承認のもと、将軍様を中国へ亡命させることなんでしょうけど…何とか今回の事態を利用して、将軍様が亡命を考えざるを得ない状況まで追い込めませんかねぇ。

 まあ、亡命させたらさせたで、後継政権をどうするかでモメそうですが。韓国に併合するのか、反金正日の北朝鮮の要人を首班に据えるのか、国連が暫定統治して後に民主政権を樹立するのか。何にせよ、中国やロシアは親米政権なんか認めないでしょうし。

 
 …ややこしい国が隣にいるとホンマに迷惑ですね(´・ω・`)ショボーン
ラベル:特定アジア
posted by safety_badwork at 21:28| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんまに難儀なことで。どないなるか、私みたいに、ボーっと生きてる人間には予想つきません。しかし、この国は、隣国にこんなヤツがおるというのに、防衛の意識はないし、どないなっとんねんやろ。
Posted by ヤボテンの花 at 2006年10月10日 02:44
世界には日本的な良識や常識が通用しない国が有るってことをさすがに痛感したでしょうし、日本人も現実的な危機感を持つんじゃないでしょうか。

…一部の人を除いて。

Posted by safety_badwork at 2006年10月10日 22:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
ラベルリスト
826aska DD51 DE10 EF200 EF210 EF510 EF64 EF65 EF66 EF81 HD300 Nゲージ あすか おわら お月様 きたぐに くろしお こうのとり しなの しらさぎ ちょっと古い物 ちょっと珍しい車両 のと鉄道 はくたか はまかぜ はるか ひだ まほろば イチロー イ・スンヨプ カーリング観戦 サロンカーなにわ サンダーバード サンライズエクスプレス スーパーはくと スーパーレールカーゴ ソチ五輪 タンゴエクスプローラー チーム青森 トリノ五輪 トワイライトエクスプレス バンクーバー五輪 フォルティウス マスゴミ ミニチュア風画像 ラバー・ダック ロコ・ソラーレ 七尾線 万葉線 中津高架橋下 中部電力 京都市営地下鉄 京阪電車 写真 北方貨物線 北越 北近畿 北陸本線 北陸鉄道 千里川土手 南海電車 吹田機関区 和歌山線 和歌山電鐵 城東貨物線 城端線 大阪モノレール 大阪国際女子マラソン 大阪市営地下鉄 大阪環状線 大阪臨港線 大阪貨物ターミナル駅 奈良線 安治川口駅 宮原操車場 富士急 尼崎港線 山陽本線 嵐電 平昌五輪 廃線跡 新幹線公園 新幹線0系 日の丸・君が代 日本海 東海道本線 梅田貨物駅 歴史 民主党 氷見線 海保の船艇 湖西線 特定アジア  甲子園臨 甲種輸送 石川の風景 福知山線 紀勢本線 近鉄電車 鉄人28号 鉄道 関西本線 阪和線 阪堺電車 阪急電車 阪神電車 雷鳥 EH10-61 MLB NPB WBC 
トップページに戻る