2006年03月11日

岩男壽美子氏が寛仁親王殿下のご発言に対し「時代錯誤」と書いたそうな

 毎日新聞夕刊によると、「皇室典範に関する有識者会議」のメンバー岩男壽美子氏が、寛仁親王殿下が女系・女性天皇容認反対の立場からされたご発言を「時代錯誤」だと、海外向けの雑誌に書いたそうです。

 「歴史と伝統そのもの」である皇室に連なる寛仁親王殿下のご発言を、こともあろうに「時代錯誤」と言い放つような人が、皇室の将来を大きく変えかねない会議に参加してるのはおかしいです。

 こんなことを言う人物が、皇室に対して敬意を持ってるとは思い辛いですね。本当に皇室のことを考えてこの会議に参加し、あの結論を出したのか甚だ疑問です。

【追記】

上記は出先から慌しくアップしたんで、改めて記事を。

<皇室典範>有識者会議の岩男委員が論文で持論を公表

 「皇室典範に関する有識者会議」の委員の1人である岩男寿美子・武蔵工大教授が、海外向け英文雑誌に掲載した論文の中で、「女性・女系天皇」を容認した同会議の報告に批判的な意見に対して反論していることが分かった。寛仁親王殿下の意見にも「anachronism(時代錯誤)」としている。昨年11月の同会議の報告以降、委員が自身の考えを公表するのは初めてだ。
 ◇女系天皇容認、「拙速」批判に反論
 雑誌は岩男氏が編集長を務める「ジャパンエコー」2月号で、論文は「日本の皇位継承者」とのタイトル。昨年11月にあった黒田清子さんの結婚で書き出し、有識者会議の委員の構成や報告内容、反響などをつづった。
 論文の最後に、報告への批判について触れている。「1年以内に結論が出るのは拙速だ」との批判には、「有識者会議設置の7、8年前に内閣官房内で研究が始まっていた」と反論。「皇族の意見を聞かなかった」との意見にも「天皇も皇太子も立場上、この問題に関しては意見を表明しないとしている」とした。
 また、エッセーなどで旧宮家の復帰や側室制度の復活にも触れた寛仁親王殿下にも「時代錯誤には驚くしかない」などとしている。
 雑誌を発行する「ジャパンエコー社」(東京都千代田区)のホームページによると、同雑誌は、政府広報の一環として海外の有識者にも送付されているという。
 毎日新聞の取材に、岩男教授は「海外から『英語で有識者会議の報告を読みたい』との声もあり紹介した。寛仁殿下の考えは今の時代にマッチしないと感じたが、さまざまな意見を否定するもではない」と話している。【遠山和彦】
(毎日新聞)


典範会議・岩男氏、寛仁さま発言批判 「時代錯誤」

 政府の「皇室典範に関する有識者会議」のメンバーである岩男寿美子・武蔵工大教授が、自身が編集長を務める海外向けの英文雑誌「ジャパンエコー」二月号に寄せた論文で、女系天皇に異論を唱えた寛仁親王殿下を「時代錯誤の考えには、驚くしかない」と強く批判していたことが十日、分かった。岩男氏はまた、寛仁さまが側室制度導入は「難しい」としているにもかかわらず、「側室制度を提案してきた」と事実と異なることも記述している。
 「ジャパンエコー」は海外向けに、英文で日本の論壇の論調などを紹介する隔月刊誌で、編集会議には外務省職員も参加。在外公館を通じ、欧米など各国の大学や研究機関に配布している。
 岩男論文は「日本の皇位継承者」と題し、「二〇〇五年十一月は、日本の皇室にとって二つの大きな進展のあった月だった」と書き出し、有識者会議の報告が提出されたことを自賛。メンバー構成や報告書の内容、反響などを紹介している。
 この中で、寛仁さまについて「天皇のいとこで、女性が皇位を継承できるようにすることについて疑問の声を上げ、旧宮家や皇室の側室制度の復活を提案してきた」と指摘。さらに「彼の時代錯誤(anachronism)には驚くしかない」と批判している。しかし、寛仁さまは昨年、福祉団体の会報に寄せたエッセーで、側室制度に触れてはいるが、「国内外共に今の世相からは少々難しいかと思います」と記され、「提案」したわけではない。
 また、岩男氏は、短期間で結論を出した有識者会議の議論に「拙速だ」との指摘があることにも「奇妙な反対論だ」と反論している。その理由として「この問題は実は有識者会議の設置に先立つ七、八年前から内閣官房内のグループによって研究されていた」と明記した。有識者会議が事実上、先行する政府の非公式研究を下敷きにした「結論ありき」の存在だったことを認めた形だ。
     ◇
 【海外向け英字誌に寄稿】
 二〇〇五年十一月は、日本の皇室にとって二つの大きな進展があった月だ。まず、プリンセス清子の結婚があり、もう一つは「皇室典範に関する有識者会議」の報告書が提出されたことだ。
 提示された改正点は、継承者を男系男子に限定した現行制度の維持を主張する陣営から強い抵抗を受けている。だが、この男系継承を可能にしたのは、以前の制度で天皇に側室が置けたからだ。これは今日、賛同を得られるものではない。
 奇妙な反論がある。それは、こんな重要な問題で、一年以内に結論を得るというのは拙速すぎるというものだ。しかし、この問題は実は、われわれの有識者会議の設置に先立つ七、八年前に、内閣官房内のグループによって研究されていた。
 もう一つの反対論は、われわれが皇族の意見を聞かなかったというものだ。しかし、天皇も皇太子も立場上、この問題に関しては意見を表明しないと示している。天皇のいとこであるプリンス寛仁は、女性が皇位を継承できるようにすることに疑問の声を上げ、旧宮家や皇室の側室制度の復活を提案してきた。彼の時代錯誤の考えには、驚くしかない。(要旨、原文は英文)
(産経新聞)
posted by safety_badwork at 18:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 皇室典範改正 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
ラベルリスト
826aska DD51 DE10 EF200 EF210 EF510 EF64 EF65 EF66 EF81 HD300 Nゲージ あすか おわら お月様 きたぐに くろしお こうのとり しなの しらさぎ ちょっと古い物 ちょっと珍しい車両 のと鉄道 はくたか はまかぜ はるか ひだ まほろば イチロー イ・スンヨプ カーリング観戦 サロンカーなにわ サンダーバード サンライズエクスプレス スーパーはくと スーパーレールカーゴ ソチ五輪 タンゴエクスプローラー チーム青森 トリノ五輪 トワイライトエクスプレス バンクーバー五輪 フォルティウス マスゴミ ミニチュア風画像 ラバー・ダック ロコ・ソラーレ 七尾線 万葉線 中津高架橋下 中部電力 京都市営地下鉄 京阪電車 写真 北方貨物線 北越 北近畿 北陸本線 北陸鉄道 千里川土手 南海電車 吹田機関区 和歌山線 和歌山電鐵 城東貨物線 城端線 大阪モノレール 大阪国際女子マラソン 大阪市営地下鉄 大阪環状線 大阪臨港線 大阪貨物ターミナル駅 奈良線 安治川口駅 宮原操車場 富士急 尼崎港線 山陽本線 嵐電 平昌五輪 廃線跡 新幹線公園 新幹線0系 日の丸・君が代 日本海 東海道本線 梅田貨物駅 歴史 民主党 氷見線 海保の船艇 湖西線 特定アジア  甲子園臨 甲種輸送 石川の風景 福知山線 紀勢本線 近鉄電車 鉄人28号 鉄道 関西本線 阪和線 阪堺電車 阪急電車 阪神電車 雷鳥 EH10-61 MLB NPB WBC 
トップページに戻る