2006年04月02日

いよいよメジャーリーグ開幕!

井口ホワイトソックス、パワープラスで連覇へ

 開幕を目前に控えたメジャーリーグでは今季、チャンピオンに最も近いのは全30球団中どのチームなのか。Wシリーズ進出候補は井口のホワイトソックスと田口のカージナルスが◎で、ヤンキースは例年になく厳しい戦いになりそうだ。

 強豪ひしめくア・リーグ東地区はヤンキースの苦戦は必至。開幕から計算できる先発ローテ投手はジョンソン、チャコンの2人のみ。ムシーナは年齢的な衰えが顕著で、パバーノとライトは完全復帰のめどがついていない。

 オフの補強では中継ぎファーンズワース、先頭打者デーモンを獲得して数年来の懸案事項を解消したが、肝心要の先発がこれでは、補強効果も発揮されないだろう。

 宿敵レッドソックスは快速右腕のベケット、三塁のローウェルらを獲得し、トレード志願のラミレスは残留、守護神フォールが復活と明るいニュースが多い。また台風の目になりそうなのは積極補強で飛躍を狙うブルージェイズで、投手陣再建中のオリオールズも油断できない。松井がWBCに欠場してまでこだわったWシリーズ制覇は、4年目の今季が一番難しそうだ。

 昨季王者ホワイトソックスのア・リーグ中地区はインディアンスとの一騎打ち。Wソックスは今季も安定した投手陣を誇り、長距離砲トーミの加入で機動力重視の打席にパワーが加わった。若手の台頭著しいインディアンスとのハイレベルな争いで、ワイルドカードを含めてともにポストシーズンへ進出し、井口が連覇を味わう可能性も。

 ア・リーグ西地区のマリナーズは昨年と変わらず、か。開幕からいきなりエンゼルスなど強豪4球団との14連戦で、ここでコケたら最下位街道を一直線。彗星(すいせい)の如く現れたヘルナンデスが奪三振マシンぶりを発揮しても、中軸打者のセクソン、ベルトレが単なる三振マシンでは…。興味関心はイチローと城島の個人成績だけか。

 最もシ烈な戦いが予想されるナ・リーグ中地区は田口のカージナルスが安定感で一歩リード。レギュラーに定着する田口の勝負強さがカギを握る。さて、この予想をヤンキースの名物オーナー、スタインブレナー氏が読んだら、巨人・渡辺会長とは違って大激怒となるかも?
(夕刊フジ)

 シカゴ・ホワイトソックスはいつ頃「井口ホワイトソックス」に名称変更したんだ?www

 ホワイトソックスが優勝する為のポイントって、先発ピッチャーが昨季同様の活躍ができるかどうか、というところに懸かってますな。まあ、バスケスも加わって、安定感増しまくってますけど。
 打線は相変わらず繋がりそうな感じ………ああ、新加入のトーミがホームランを意識し過ぎてバットを振り回し打線を切らないか、ちょっと心配かも(笑)
 クローザーもちょっと心配かな。経験の浅いジェンクスの安定感や如何に。

 ホワイトソックスと地区優勝を争いそうなインディアンズは、ミルウッドやエラートン、ローズ、ハウリー、リスキーら中心になるピッチャーが抜けてしもたからなぁ(´・ω・`)
 新加入のジェーソン・ジョンソンやバード、モタでその穴を埋められるかどうか…。
 て言うかジョンソンってボルチモアやデトロイトで打たれてた印象しかないんですが(苦笑)
 打線はクリスプが抜けただけなので、やっぱり強力。それにしてもサイズモアとかマルティネスとか、ホンマに若くて将来性の有る打線やなぁ。某ヤンクスとは大違い(笑)

 ツインズはロンデル・ホワイトとバティスタを補強したけど、結局は若手のモーノウ、モウアーの成長次第か。昨季はハンターが故障してイマイチなツインズやったけど、今季は手強いんちゃうかな。

 タイガーズとロイヤルズは…今季も(´・ω・`)ショボーン


 …「ヤンキースの苦戦は必至」か。
 でもまあ、ここ数年ピッチャーが思うように活躍せず、打線も相変わらずホームラン頼みで大味な感じなのに、チーム自体はここ一番で妙に勝負強くて、毎年のようにプレーオフに出続けてるのがブロンクス・ボンバーズの凄いところなんですがね(笑)
 2000年にメッツを破ったのを最後にワールドチャンピオンから遠ざかっているヤンクスですが、今季もやっぱり先発ピッチャーは不安な模様。
ランディ・ジョンソンとマイク・ムッシーナは経験値は充分ながら経年劣化が心配、チャコーンと王は経験値が低く今季も昨季同様の活躍ができるか未知数、パバーノとライトに至っては「おいおいお前ら何しにニューヨークに来たんだwww」やし。

 リリーフは昨季よりマシになった…かな?
 マリアノ・リベラは言うまでも無いけど、昨季予想外の活躍をしたスモール、新加入のドーテル、ビローン、マイヤーズ、ファーンズワース……ああ、安定感イマイチのスターツもいたなw

 ジョニー・デーモンが加わった今年の打線も、やっぱり豪華(年俸含めw)ですねぇ。その豪華さに見合う成績を残してるかどうかは、恐らく意見の分かれるところでしょうけど(笑)
 デーモンは働くかなぁ。ケニー・ロフトンの二の舞にならなきゃエエけど。ここ数年「ヤンクスに来た新戦力は1年目はイマイチな法則」が有るっぽいし。
 
 レッドソックスは野手がほとんど入れ替わったなぁ。バリテックとラミレスくらいか?…ここ数年と比べたら若干弱くなった感じはするけど、他のチームに比べたらやっぱり強力やわな。
 新加入のベケットはどこまでやるでしょう。ウェルズ、シリングの経年劣化が心配やけど、クレメント、ウェイクフィールドは安定してるし、ヤンクスよりかはエエ感じ。

 オリオールズはソーサとパルメイロが抜けたけど、ラモン・ヘルナンデス、ケビン・ミラーが加わってやっぱり強力打線。でも投手陣はポンソンやライアン、クラインが抜け、うーん…って感じ。チェンがどこまで頑張れるかってとこか?

 デビルレイズは森のいきなりの故障が残念やなぁ(´・ω・`)
 まあ、今季も「ヤンクスだけに強い」という戦いができたら面白いんやけどな(笑)


 マリナーズ、期待したいけど…やっぱりねぇ(´・ω・`)ショボーン
 新加入のウォシュバーンは計算できそうやけど、モイヤーは経年劣化が心配、ピニェイロとメッシュはここ数年不安定、期待のヘルナンデスも経験値少ないし…。
 ブルペンも、マテオとかソリアーノとかプッツとかシェリルとか…うーん、どうなることやら(´・ω・`)
 …何でマドリッチ出しちゃったのかなぁ。ホームラン打たれまくりのフランクリンはいらんけどw
 打線はイチローの存在感はともかく、主軸のセクソンとベルトレイの三振数&勝負弱さが…(´・ω・`)
 城島がどれだけやるかは楽しみですね。バッターとしてだけでなく、キャッチャーとしての能力も全開にせんと、ただでさえ弱い投手陣だけに、城島のリード次第ではマリナーズそのものが沈下してしまう可能性が…。
 
 エンジェルズは今季も強そうやなー。どうせ今季もエンジェルズが地区優勝やろなー(笑)
 ピッチャーではウォシュバーンとバードが抜けたけど、きっちりウィーバーとロメロ獲得してるし。正捕手のベンジー・モリーナが抜けて、その穴を弟のホセ・モリーナが埋めますが、昨季もサブキャッチャーとして戦ってるし、大丈夫っぽい。打線は相変わらず強力やし。ゲレーロはマジでシャレならん(笑)

 アスレチックスって基本的には、ジト、ハーデン、ストリート、クロスビー、スクータロのような「有望若手育成路線」で、毎年大した補強をせずに自前の戦力で戦うスタイルですが、今季はフランク・トーマスとロアイザという新戦力が加入。ロアイザはそこそこ期待できますが、トーマスは故障明けやからなー。
 何にせよ、今季もこのチームの特長である「終盤の驚異的な追い上げ」が見られたら、西地区は面白くなるな。
 …しかし、ここもツインズ同様、戦力的にショボい感じなのに、妙に強い(笑)


 レンジャーズは昨季、疫病神のパク・チャンホを出したから、今季は大丈夫www
 ロジャーズが抜けた穴は、穴を埋めて余りある力を持つミルウッドを獲得してバッチリ。しかも大塚まで獲得してリリーフも強化。打線は元々、ソリアーノが抜けても大丈夫なくらい強力やし。

 結局、ア・リーグ西地区は今季も「3強1弱」で行きそうな予感(´・ω・`)ショボーン


 …ナ・リーグは最近中継が少ないからよう解らんとかぶっちゃけてみるテスト_| ̄|○

 東地区、中地区は順当にブレーブズ、カーディナルズですか?
 メッツは今季もエライ補強したなぁ。デルガド、ワグナー、ロデューカ、フリオ・フランコ……でも、ここ数年は「とりあえずビッグネーム補強→でも故障&不調→チーム下位低迷」やからなぁ。この悪循環から脱することができるか?

 昨季「他地区の草刈場」と化した西地区は、ガルシアパーラ、ビル・ミュラー、ラファエル・ファーカルの補強が効きそうなドジャーズがエエ感じ。ウィーバーの抜けた穴はトムコとソ・ジェウンで何とか埋められますかね。

 …とか、浅薄な知識と情報で知ったかぶりして偉そうなコト言ってみました(笑)


 明日の「インディアンズvsホワイトソックス」が今季の初中継。もう、今から楽しみで楽しみで(笑)
 …また仕事がはかどらなくなるな(^^;
ラベル:MLB
posted by safety_badwork at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
ラベルリスト
826aska DD51 DE10 EF200 EF210 EF510 EF64 EF65 EF66 EF81 HD300 Nゲージ あすか おわら お月様 きたぐに くろしお こうのとり しなの しらさぎ ちょっと古い物 ちょっと珍しい車両 のと鉄道 はくたか はまかぜ はるか ひだ まほろば イチロー イ・スンヨプ カーリング観戦 サロンカーなにわ サンダーバード サンライズエクスプレス スーパーはくと スーパーレールカーゴ ソチ五輪 タンゴエクスプローラー チーム青森 トリノ五輪 トワイライトエクスプレス バンクーバー五輪 フォルティウス マスゴミ ミニチュア風画像 ラバー・ダック ロコ・ソラーレ 七尾線 万葉線 中津高架橋下 中部電力 京都市営地下鉄 京阪電車 写真 北方貨物線 北越 北近畿 北陸本線 北陸鉄道 千里川土手 南海電車 吹田機関区 和歌山線 和歌山電鐵 城東貨物線 城端線 大阪モノレール 大阪国際女子マラソン 大阪市営地下鉄 大阪環状線 大阪臨港線 大阪貨物ターミナル駅 奈良線 安治川口駅 宮原操車場 富士急 尼崎港線 山陽本線 嵐電 平昌五輪 廃線跡 新幹線公園 新幹線0系 日の丸・君が代 日本海 東海道本線 梅田貨物駅 歴史 民主党 氷見線 海保の船艇 湖西線 特定アジア  甲子園臨 甲種輸送 石川の風景 福知山線 紀勢本線 近鉄電車 鉄人28号 鉄道 関西本線 阪和線 阪堺電車 阪急電車 阪神電車 雷鳥 EH10-61 MLB NPB WBC 
トップページに戻る