2006年03月22日

シアトル・マリナーズ日本チーム化計画発動……してくれないかな

松坂、上原メジャーへ大流出…王も監督就任!?

(抜粋)

 今大会での活躍を「(メジャーに)アピールしようという気持ちはなかった。特別にいいところを見せようという気持ちも全然なかったです」と振り返った。しかし、球威、球速、精神面でのタフさで、すぐにでもヤンキースの先発ローテ入りもできそうな力を証明してしまったのだから、各メジャー球団が放っておくはずがない。
 メジャーへの人材流出はさらに加速し、日本プロ野球の弱体化は避けられそうにない。世論の後押しは井川(阪神)、石井弘(ヤクルト)、岩村(同)、黒田(広島)らメジャー挑戦希望者にも大きなプラスになる。となると、楽しみは3年後のWBC第2回大会で、全員メジャーリーガーの日本代表ドリームチーム結成か。ありえない話ではない。

(夕刊フジ)

 日本代表の選手は30人。メジャーの球団も30球団。この数字の一致に思わず( ̄ー ̄)ニヤリとしてしまいました。現在も日本人選手が数人メジャーにいることを考えたら、代表メンバーがそのままメジャー各球団に移籍すると、「メジャー全てのチームに日本人選手が1人はいる」という、野茂の言葉の通りになるんですね…まあ、現実的やないですけどね(^^;

 でも、今回の大会によって、確実に「メジャー志向」が高まった選手もいると思います。
 メジャーがこの優秀な選手達を放っておくとは思えないしw


「外国人選手」への意識

(抜粋)

 8月5日。ホワイトソックス対マリナーズの試合は、「イチロー対井口」の再戦で日本のファンの注目を集めた。その一方で、今の日本ではあり得ないオーダーが、マ軍の先発スタメンに顔を並べた。

 1番(右)イチロー(日本)
 2番(二)ブルームキスト(米国)
 3番(指)イバニエス(米国)
 4番(一)セクソン(米国)
 5番(三)ベルトレ(ドミニカ共和国)
 6番(中)リード(米国)
 7番(遊)ベタンコート(キューバ)
 8番(左)スネリング(オーストラリア)
 9番(捕)トリアルバ(ベネズエラ)
   (投)ピネイロ(プエルトリコ)

 投手を含めたスタメン10選手の出身国は、米国をはじめ7カ国。正式な記録は残っていないが、「もしかするとマ軍史上では最多かもしれない」(マ軍広報部)という「多国籍軍」で試合に臨んだ。

(日刊スポーツ)

 どうでしょう、この多国籍っぷり(笑)
 そこでですよ。このメンバーの中に、日本人選手が3~4人いても不思議は無いように思えませんか?

 ご存知の通り、シアトル・マリナーズのオーナーは日系企業です。現在、イチローと城島が在籍し、これまでも佐々木、長谷川、木田といった選手がプレーしてました。
 
 どうせ、と言っては怒られますが、今季のマリナーズもそれほど期待できないし、ジャパンマネー目的という裏事情が有っても構わないから、日本人選手を多めに使ってみるのも「有り」やないかなぁ。
ラベル:MLB
posted by safety_badwork at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
ラベルリスト
826aska DD51 DE10 EF200 EF210 EF510 EF64 EF65 EF66 EF81 HD300 Nゲージ あすか おわら お月様 きたぐに くろしお こうのとり しなの しらさぎ ちょっと古い物 ちょっと珍しい車両 のと鉄道 はくたか はまかぜ はるか ひだ まほろば イチロー イ・スンヨプ カーリング観戦 サロンカーなにわ サンダーバード サンライズエクスプレス スーパーはくと スーパーレールカーゴ ソチ五輪 タンゴエクスプローラー チーム青森 トリノ五輪 トワイライトエクスプレス バンクーバー五輪 フォルティウス マスゴミ ミニチュア風画像 ラバー・ダック ロコ・ソラーレ 七尾線 万葉線 中津高架橋下 中部電力 京都市営地下鉄 京阪電車 写真 北方貨物線 北越 北近畿 北陸本線 北陸鉄道 千里川土手 南海電車 吹田機関区 和歌山線 和歌山電鐵 城東貨物線 城端線 大阪モノレール 大阪国際女子マラソン 大阪市営地下鉄 大阪環状線 大阪臨港線 大阪貨物ターミナル駅 奈良線 安治川口駅 宮原操車場 富士急 尼崎港線 山陽本線 嵐電 平昌五輪 廃線跡 新幹線公園 新幹線0系 日の丸・君が代 日本海 東海道本線 梅田貨物駅 歴史 民主党 氷見線 海保の船艇 湖西線 特定アジア  甲子園臨 甲種輸送 石川の風景 福知山線 紀勢本線 近鉄電車 鉄人28号 鉄道 関西本線 阪和線 阪堺電車 阪急電車 阪神電車 雷鳥 EH10-61 MLB NPB WBC 
トップページに戻る