2008年02月23日

「愛の前立て」より「ちんば」やれよ

 ここ数日、風邪で体調が思わしくなかったので、世間の話題とブログのネタに若干タイムラグが発生してるけど、そんなことは全然気にしなーい( ゚∀゚)アヒャ

 
NHK大河ドラマ:「天地人」妻夫木さん主演に

 NHKは20日、09年の大河ドラマ「天地人」の主演が妻夫木聡(つまぶき・さとし)さん(27)に決まったと発表した。

 会見した妻夫木さんは「俳優の仕事を始めてから、大河ドラマの主役を演じることが夢だった」と語った。

 原作は火坂雅志さんの同名小説で、戦国大名・上杉氏の家臣、直江兼続(なおえ・かねつぐ)の生涯を描く。

(毎日新聞)

 日米問わず俳優が演じた役の中で強烈に印象に残った役がその俳優のイメージとして固定化されてしまう俺。よって、この記事を見て、「ああ、直江山城守がシンクロナイズドスイミングをやったり潜水艦に乗って美女と共にアメリカ海軍と戦ったりするわけか」と思ってしまうんですが…どうすれば良いでしょうorz

 それはさておき、直江山城守兼続ですか。まあ、好きでも嫌いでもないので、この人選について別に言うことはありません。
 昨年の「風林火山」に続いて新潟の人達が喜びそうやなぁ、とは思いますがw

 …作家の田中芳樹がその著書(中国武将列伝)で「司馬遼太郎の”関ヶ原”がなぜ傑作なのか」を説明してる件があるんですが、そこで直江山城のことを「上杉120万石を30万石に減らしただけ」と酷評しています。更に、「石田三成と共に家康を挟撃すると言いながら、西に反転していく東軍をボーっと見送った」とか、「関ヶ原の戦の後、直江状で家康を激しく批判していたにも拘らず、家康にへいこら謝って家を保った」とか、「挙句に大坂の陣で徳川方に付いて豊臣家を滅ぼした(福島正則は警戒されて江戸に残されたのに)」とか、兼続のファンが激怒しそうなことが書かれています(笑)
 でも、結果だけを見たら、確かにそうなんですよね…身も蓋もないけど。

 なぜ直江山城って小説でもマンガ(花の慶次)でもカッコ良く描かれてるんですかね。
 思うに、日本で人気のある蜀漢の諸葛孔明と同様、強大な悪役(徳川家康や曹操)に立ち向かう劣勢な勢力の武将(孔明の場合は軍師)というイメージがあって「義」や「判官贔屓」が好きな日本人の気質に合う、直江山城の仕えた上杉家そのものが不識庵の影響もあって人気が高いので彼の人気もそれに引っ張られている…って感じかな?


 ついでながら、俺が戦国で好きなのは黒田官兵衛(孝高・如水)と竹中半兵衛(重治)だったりします。この人達の幾多のエピソードの中で特に好きなのが…

●荒木村重との戦いで官兵衛が裏切ったと誤解した信長が、人質に取っていた官兵衛の子、松寿丸(後の長政)を殺すよう秀吉に命じた際、その任を半兵衛が承り、松寿丸を殺すことなく匿った。

●関ヶ原の戦で活躍し「内府(家康)殿は自分の手をとって感謝していた」と喜んで報告する長政に、如水は「内府殿はどちらの手をとった」と問い、右手だと答えた長政に、今度は「その時にそなたの左手は何をしていた」と問うて、長政を絶句させた。

●如水の武名を慕ってその屋敷に多くの客(家康に好かれていない結城秀康もいた)が訪れていることについて、山名禅高(豊国)が「謀叛の密談をしてるようで宜しくないのでは」と忠告、それが家康の命を受けてのことだと悟った如水は居丈高に「関ヶ原の戦に乗じて天下を取ろうと思えば簡単に取れた、ただ老人の詮無きことだと思って止めたのだ」と言い放った。

 …等々。ま、どれも有名な話ですねw

 この「両兵衛」が大河ドラマで取り上げられたら、見るかもしれませんねぇ…それほど有名でない俳優が主演の場合のみ、ですがw
 ただ、ドラマ化されても、秀吉が官兵衛に対して微妙な悪意を持った時の「ちんば」という呼び方は全く出てこんやろなぁ(・∀・)ニヤニヤ
ラベル:歴史
posted by safety_badwork at 23:41| Comment(2) | TrackBack(1) | その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
ヤボテンが、直江に興味を持ったのは、仰る通り、家康にたてついたのに、上杉家は厳封されたとはいえ、なぜ生き残れたのかというところからでした。
上杉家が名家だとしても、なぜ生き残れたのか、未だに合点いきませんが。
一応は、大河見てみるつもりですが、何たって、悪名高い大河ですので、史実を曲げたりして、そして、1回抜けると、次が見る気がしなくなるので、最後までは、若干疑問ですが。
最近では、「利家とまつ」くらいですかね、何とか、最後まで見たのは。
とはいえ、それも、松嶋の顔を見てただけでしたけど。
Posted by ヤボテンの花 at 2008年02月24日 01:28
>上杉家が名家だとしても、なぜ生き残れたのか

 律儀な景勝が、名家である上杉家を滅ぼすわけにはいかないと、家康の警戒心を完全に無くすまで謝り倒したから…とか?
 その辺り、ドラマではどう表現するんでしょうね。


>史実を曲げたりして

 大河ドラマや歴史小説って、まあ、基本的にそういうモンですからね(笑)
 ドラマや小説が元ネタにしている古い文献そのものに創作や虚構が混じってるなんて珍しくもないことですし…。
 
Posted by safety_badwork at 2008年02月24日 21:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

直江兼続 緒形拳は、おもろい^^
Excerpt: 「愛の前立て」より「ちんば」やれよ家臣、直江兼続(なおえ・かねつぐ)の生涯を描...
Weblog: 最新ネタ庫
Tracked: 2008-02-24 06:33
ラベルリスト
826aska DD51 DE10 EF200 EF210 EF510 EF64 EF65 EF66 EF81 HD300 Nゲージ あすか おわら お月様 きたぐに くろしお こうのとり しなの しらさぎ ちょっと古い物 ちょっと珍しい車両 のと鉄道 はくたか はまかぜ はるか ひだ まほろば イチロー イ・スンヨプ カーリング観戦 サロンカーなにわ サンダーバード サンライズエクスプレス スーパーはくと スーパーレールカーゴ ソチ五輪 タンゴエクスプローラー チーム青森 トリノ五輪 トワイライトエクスプレス バンクーバー五輪 フォルティウス マスゴミ ミニチュア風画像 ラバー・ダック ロコ・ソラーレ 七尾線 万葉線 中津高架橋下 中部電力 京都市営地下鉄 京阪電車 写真 北方貨物線 北越 北近畿 北陸本線 北陸鉄道 千里川土手 南海電車 吹田機関区 和歌山線 和歌山電鐵 城東貨物線 城端線 大阪モノレール 大阪国際女子マラソン 大阪市営地下鉄 大阪環状線 大阪臨港線 大阪貨物ターミナル駅 奈良線 安治川口駅 宮原操車場 富士急 尼崎港線 山陽本線 嵐電 平昌五輪 廃線跡 新幹線公園 新幹線0系 日の丸・君が代 日本海 東海道本線 梅田貨物駅 歴史 民主党 氷見線 海保の船艇 湖西線 特定アジア  甲子園臨 甲種輸送 石川の風景 福知山線 紀勢本線 近鉄電車 鉄人28号 鉄道 関西本線 阪和線 阪堺電車 阪急電車 阪神電車 雷鳥 EH10-61 MLB NPB WBC 
トップページに戻る